宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP » 自宅でできるクリーニング方法 » シャツの匂いがしっかり落ちる洗濯術

シャツの匂いがしっかり落ちる洗濯術

洗濯しても落ちないガンコな匂いをスッキリさせるには

着回ししやすく、カジュアルコーデに欠かせないシャツ。家で洗濯することがほとんどでしょう。しかし、何度も洗っているのに匂いが取れないとお悩みの方はいませんか?ここでは、洗っても落ちないシャツの匂いをスッキリ解消できる洗濯方法を紹介します。

洗濯しても匂いが取れない理由

なぜ何度洗濯してもイヤな匂いが落ちないのかというと、匂いの原因となっている汗汚れがキレイに落ちていないからです。汗は、臭い菌という悪臭の原因物質を持っています。その汗汚れが落ちないやり方で洗濯すると、臭い菌が残ったままシャツを着ることになり、さらに新たな臭い菌が付着してしまうのです。何度も何度も着回すことで臭い菌が落ちなくなり、シミのようにこびりついてしまいます。

また、服には汗を吸い取る力があります。吸い取った汗はシャツが渇く間に蒸発しますが、蒸発するのは「水分」のみ。汗の成分や臭い菌はシャツに残ったままになり、匂いのみが残ってしまうのです。その匂いがシャツの繊維の奥までしみ込むので、普通に洗濯してもなかなか落ちなくなります。

匂いをスッキリさせる洗濯方法

シャツの匂いの原因は、汗の臭い菌によるもの。では、どうすればシャツにこびりついた匂いを落とせるのでしょうか。ここでは、匂いをスッキリできる洗濯方法を紹介します。

お湯を使って洗う

シャツの匂いを落とすには、汗とともにこびりつく皮脂汚れを何とかしなくてはなりません。皮脂汚れが、臭いの元をがっちりコーティングしているのです。そのため、この皮脂汚れを落とすには、水ではなくお湯を使いましょう。40℃くらいのお湯で洗濯すると皮脂が溶けて、匂いも一緒に落ちます。お使いの洗濯機の中に、40℃洗いや60℃洗いといった温水洗浄ができる機能があれば、その機能で洗濯してみるといいでしょう。

洗濯機に回す前に予洗いを行う

お湯洗いをしても匂いが落ちない場合には、洗濯機を使う前に「予洗い」をするのがおすすめです。匂いの気になる部分に、洗濯用の固形石鹸や台所洗剤などを使って部分洗いをします。部分洗いで皮脂汚れをあらかじめ浮かせられるため、匂いや汚れが落ちやすくなりますよ。

重曹につけ置く

部分洗いをする時間がないという方は、シャツを重曹水につけておくといいでしょう。重曹は皮脂汚れを浮かせる力だけでなく、消臭効果も期待できます。方法は、洗面器に張ったお湯に、大さじ2杯程度の重曹を溶かし、シャツを浸せばOK。匂いの気になる部分に重曹を振りかけると、効果的に匂いを落とせます。

漂白剤につけ置く

シャツの匂いの原因となる臭い菌を殺菌するには、漂白剤のつけ置きがおすすめ。酸素系漂白剤を使うといいでしょう。塩素系だと生地を傷める上、柄もののシャツは色落ちします。酸素系漂白剤を使う際は、水ではなくお湯で溶かすとさらに効果的です。

バケツに50℃くらいのお湯を入れて、大さじ3~4杯の酸素系漂白剤を溶かします。漂白剤は、液体よりも粉末タイプのほうが効果は◎。

ただし、粉末タイプは液体タイプと比べて、衣類に負担がかかります。匂いが落ちた後は、普段使いとして液体タイプを使うといいでしょう。

2時間くらいつけておくと、漂白剤がシャツの臭い菌を分解してくれます。つけ置きが終わったらしっかりとすすぎ、洗濯機でいつものように洗濯してください。

タイプ別で見つかる!オススメの宅配クリーニング店3選