宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > 自宅でできるクリーニング方法 > 梅雨時の洗濯

梅雨時期の洗濯を上手にやる

ここでは、梅雨時期における洗濯のコツを紹介します。梅雨だからと言って、洗濯をしないわけにはいきません。初夏も近づき、むしろ洗濯物は増える時期です。しかし、多くの人が経験のある、梅雨時期のあの生乾きのイヤなニオイ。 洗濯するときのコツ、そして干すときのコツをしっかりおさえ、梅雨時期の洗濯を気持ちよく乗り切りましょう!

梅雨時期の洗濯のコツをしっかりおさらい

日本に住む以上、毎年の梅雨時期は避けられません。同時に、暑くなってきて汗をかく量も増えるため、洗濯を避けることもできません。梅雨時期の洗濯物の嫌なニオイの多くは、雑菌が原因。洗濯物を放置することで雑菌は繁殖するため、洗濯物を溜め込まない・しっかりと洗う、などの基本動作がコツとなります。また、それに加えて、洗濯後は手早く乾かすことも肝心。梅雨と洗濯物とを上手にお付き合いさせるには、コツがあるのです。

梅雨時お洗濯のコツ

梅雨時は、洗濯物の乾きも悪くなります。「せっかく洗濯したのに嫌なニオイがついてしまいガッカリ…」という経験のある方も多いのではないでしょうか。実は、この嫌なニオイ、落しきれなかった衣類汚れの酸化、梅雨時の高温多湿という環境で繁殖した、カビなどの雑菌が原因なのです。では、梅雨時でも気持ち良くお洗濯を仕上げるにはどうすればよいのでしょうか。

洗濯物はためずにこまめに洗濯

洗濯物をためこんでしまうことで、衣類に付着した汚れから雑菌が繁殖したり、干す量が増えることで洗濯物の風通しは悪くなります。これらは、ニオイの元となる菌が繁殖しやすい環境なのです。少量の洗濯物でも、毎日しっかりと洗濯をする事がニオイの原因を断つ第一歩となります。

しっかりと汚れを落とすこと

きれいに洗ったつもりでも、目に見えない汚れが落としきれていない場合があります。特に、お風呂の残り湯を使用している方は要注意です。残り湯自体に雑菌が繁殖している場合があるので、梅雨時は残り湯での洗濯は避けたほうが無難でしょう。

定められた分量以上の洗剤を使用しない

ニオイに過剰になるあまり、定められた分量以上の洗剤を使用される方がいますが、これは溶け残りの洗剤がカビの原因になり逆効果になることも。分量はしっかりと守ってくださいね。洗濯が終わったら、すぐに干すことも重要です。湿った洗濯物は、時間が経つにつれ雑菌が繁殖し、ニオイの原因となります。洗濯機が止まったらすぐに干し、雑菌の繁殖を防ぎましょう。洗濯終了後にもう一度脱水をかけるのも、早く乾かすためのコツのひとつです。

以上のコツを実践したとしても、洗濯槽が雑菌だらけでは意味がありません。洗濯槽もこまめにお手入れしておくことが大切ですね。

  

よく読まれている人気のページ