宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > 自宅でできるクリーニング方法 > おしゃれ着洗いが自宅でできるコツ

洗濯機でもOK!おしゃれ着を正しく洗うコツ

どうしても自宅の洗濯機でおしゃれ着を洗わなければいけない場合、最低限守るルールがあります。このルールを守らなければ、型崩れなどのトラブルを招いてしまうこともあるため、ぜったい遵守です。ただし、これらはやむを得ない場合の対処法になります。衣類トラブルを防止するためには、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼することを強くおすすめします。

おしゃれ着を洗濯機で上手に洗う方法

大切なおしゃれ着などの衣類は、クリーニング店にお願いするのが大原則です。洗濯機で洗うのは、極力であれば避けるべきでしょう。しかし、どうしても洗濯機でやらなければならない事情があるならば、以下に記した具体的な方法をよく確認してから行うようにしましょう。

なお、以下の方法を実践したとしても、決して低くはない確率で衣類にトラブルが発生します。決して推奨する方法ではありませんので、ご了承ください。

洗濯機で洗う場合のコツ

おしゃれ着を洗濯機で洗った場合、衣類の型崩れなどを起こす可能性が非常に高くなっています。お気に入りの衣類は、プロのクリーニング店にお願いするのが原則。やむを得ず自宅の洗濯機で洗う場合には、以下に紹介する手順を確実に守りましょう。あくまでも自己責任で!

1.洗濯準備

衣類にホコリやゴミが付いていないかチェック。ポケットの中身も忘れずに確認します。洗濯前の面倒なひと手間ですが、これを怠ることでホコリやゴミが衣類全体に付着したまま乾いてしまうなど、あとで厄介なことになりかねません。また、衣類の破損を防ぐために、ファスナーは閉めて洗濯機へ。

2.洗濯絵表示のチェック

当然のことですが、そもそも洗濯機で洗っても良いものなのかどうか、タグの洗濯表示をチェックしてください。洗えないという表示だからと言って絶対にダメ、という訳ではありませんが、衣類トラブルを起こしてしまう可能性があることも十分理解しておきましょう。

3.洗剤は先に入れる

水→洗剤→衣類、の順番で入れます。洗剤が水によく溶けたあとで、衣類をやさしく入れましょう。

4.洗剤の入れすぎに注意

洗剤は規定量の通りに使用しましょう。多く入れても洗浄力に変わりはありません。それどころか、余分な洗剤が衣類に付着してしまい、雑菌やカビの繁殖などトラブルを起こす可能性もあります。

5.ネットに入れたおしゃれ着は最後に洗濯機へ

大きいもの、重たいものを一番下へ、ネットに入れたおしゃれ着は一番上へ入れます。これによって、洗濯機の効率が良くなって洗濯や脱水の回転数も少なくなり、ひいては衣類への負担を軽減します。

6.洗濯物を入れ過ぎない

洗濯物を入れ過ぎると汚れ落ちが悪くなります。また、洗濯物同士の摩擦等によって、衣類を傷める原因にもなります。

7.水で洗う

衣類は温度が高いほど汚れ落ちは良くなりますが、その分、衣類を傷めてしまうことにもなります。とくにおしゃれ着は、水洗いが原則です。お風呂の残り湯には雑菌が混じっていることもあるため、少なくともおしゃれ着には使わないようにしましょう。

8.洗濯時間(洗い)は超短時間で

おしゃれ着ですから、洗いの時間は超短時間が原則。品によっては、1~2分でやめておいたほうが良い場合もあります。手洗いモードを利用するのも忘れずに。

※もっとも理想的なのは、回転させないこと。つまり、洗濯機の回転を利用しない、つけ置きです。ここでは洗濯機での洗い方に特化して解説しています。

9.脱水も超短時間で

徹底的に脱水をしても、抜ける水分量は60%までと言われています。逆に短時間の脱水だったとしても、水分の半分程度は抜けます。脱水は衣類の大きな負担になりますので、とくにおしゃれ着は超短時間で済ませるようにしましょう。

以上、おしゃれ着を洗濯機で洗うコツと注意すべきポイントをまとめました。実際に洗濯を行っている時間は非常に短いものになります。最初から最後まで、洗濯機の前で待っていても良いくらいです。

繰り返しにはなりますが、やむを得ない場合を除いて、おしゃれ着はクリーニング店に預けるのが無難です。失敗したら取り返しのつかないことになりますし、どれだけ注意したとしても、取り返しのつかない事態になる可能性は低くありません。どうしても自宅の洗濯機でやりたいという場合には、自己責任で行ないましょう。

  

よく読まれている人気のページ