宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > クリーニング店で行うドライクリーニングとは > よくあるトラブルと解決法

よくあるトラブルと解決法

クリーニングに出す際はこんなトラブルに注意!

意外とよくある紛失事故

クリーニング店でよくあるトラブルといえば衣類の紛失。なぜこんなことが起きてしまうのでしょう?

規模の大きいお店では、店頭で預かった衣類を工場へ運び、そこで洗います。処理が終わったあと再び受けつけた店舗に戻しますが、このとき間違ってほかの店舗に行ってしまうことがあります。そのようなことがないよう、受けつけ時点でネームタグをつけるわけですが、取り付け不備や洗浄中に外れるなどの事故が起きることもあるそうです。

他には、包装する際に他のお客様の衣類と一緒に包んでしまったり(薄手の衣類に多い)、店頭での渡し間違いなど。衣替えの時期はお店が混雑しやすいので、受け取る側も注意したいものです。

物を入れたまま出すと大変なことに

ポケットに物を入れたままクリーニングに出してしまうことで起きる事故もあります。ボールペンなどが入っていると、洗浄中にインクが漏れてシミがついてしまいます。業者も店頭や工場で確認していますが、一番大事なのは出す側がきちんと確認しておくこと。万が一、インク漏れが起きると一緒に洗っている他のお客様の衣類もだめになってしまうので、責任は重大です。

衣服の色が変わってしまう!?

他に、色移りのトラブルもあります。選択表示がドライ可となっていても、もともとの染色が弱く、洗浄中に色が流れ出す場合があるそうです。最近の衣類は染めや素材にこだわったものが増えています。色移りしそうな気がしたら、買う前に店頭で色落ちの危険性を確認しておいたほうが無難です。

トラブルを未然に防ぐには

意外と多いのが、衣類についているボタンが欠けたり外れてしまうこと。洗浄や乾燥の過程で起きるケースが高いそうです。業者側もボタンをガードする器具を取り付けたり、アルミでくるむといった対策をしていますが、完璧には防げません。出す前に自分の衣類をよく確認して、ボタンが外れかかっていないか、しっかり確認しておくのがトラブル防止につながります。

ほかにも工場の機械で衣類を出し入れするとき、あやまって破けてしまうことがたまにあるそうです。こうした事故が起きると、双方に被害が生じてしまいます。クリーニングのノウハウを熟知した業者では、受け渡しから搬送、洗浄に至るまで万全の体制を敷いて事故を極力防いでいます。信頼できるお店をよく見極め、安心してクリーニングを頼みたいものです。

  

よく読まれている人気のページ