宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > クリーニング店で行うドライクリーニングとは > 家庭洗濯との違い

家庭洗濯との違い

水を極力使わないで汚れを落とす

ドライクリーニングでは専用の溶液を使って洗うため、ほとんど水を使いません。普段、洗濯機を使っている方からしてみれば「水を使わないでちゃんと汚れが落ちるの?」と、思うことでしょう。

私も最初は、そんな不安を持っていました。ですがいろいろ調べているうちに、ふと気がついたのです。そもそも衣類は水に弱いということを。繊維は何度も水に浸けると伸縮性が失われ、耐久性も落ちていきます。だから本当はなるべく水を使わずに洗ったほうがいいんですね。それがプロのドライクリーニングなんです。

プロの洗濯は溶剤に秘密あり

ドライクリーニングで使う有機溶剤は油、すなわち石油系のものです。ちなみに家庭用のドライ衣料用洗剤は型崩れや縮みを極力抑えるためのもので、有機溶剤ではありません。さて、ドライクリーニングでは油汚れが落ちやすく、水にも油にも溶けない不溶性粒子も、油脂がボンドの役割となって落ちやすくなります。また、ウール素材の衣料を自宅で洗う場合、つけ置き洗いとなりますが、プロのお店では機械の圧力をかけて洗うため、不溶性の汚れがいっそう落ちやすいそうです。

溶剤は使い捨てではなく、汚れを取り除いて再利用します(そのまま捨てたら環境に悪いですもんね)。溶剤管理は手間もお金もかかりますが、これをおろそかにしていると衣類の仕上がりが極端に悪くなります。大事な衣類を預けるのだから、溶剤管理を徹底しているお店に頼みたいものです。

自宅ではプロのようには洗えない

洗濯機の「ドライコース」とは、ドライクリーニングではなく「水洗い」。洗濯槽の中で洗濯物をほとんど動かさずに、水流で洗濯溶液を移動させて、衣類を傷めないように洗うという方法です。

あくまで水洗いなのでウールのスーツなど、型崩れしやすい衣類はしわくちゃの状態になってしまいます。これをそのままハンガーに吊るして干すと水の重みで型崩れしてしまい、元通りにはなりません。大切な衣類は、やっぱりドライクリーニングに出すのが得策です。

  

よく読まれている人気のページ