宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > 家事の時短で生活に潤いを > 朝食

朝食を時短するためには

絶対に朝食は食べなさい! と、どんな方でも幼いころは母親に言われたことでしょう。ところが大人になって忙しくなると、朝食をとる時間すらももったいなくなってきますよね。朝食をとるくらいなら少しでも眠っていたい、と思う人も少なくないはずです。

とは言え「本当は朝食をとったほうが良い」との罪悪感もあることから、とりあえず出勤前にコンビニで野菜ジュースを1本、などという人も多いのではないでしょうか。

車はエンジンをかけなければ始動しませんが、人間にとって朝食は、ちょうど車のエンジンのようなもの。朝食をとることによって体温が上昇し、かつエネルギーが全身に送り込まれます。一日の活動の端緒を作ってくれるのが朝食なのです。

毎日を有意義なものにするためには、やはり朝食が不可欠です。忙しい中にも工夫して、ぜひ毎日朝食をとるように心がけましょう。

朝食は気負わないことが長続きのポイント

朝食を長続きさせるためのポイントは、頑張らないこと。何も、火を使ったり、おかずを何品も用意したりする必要はありません。「主食+ワンプレート」という考え方を基本に置けば、途端に朝食の準備に気負わなくて済むようになります。

主食がご飯の方は、冷蔵庫に常備菜を準備しておきましょう。ご飯が炊きあがったら、冷蔵庫から常備菜を取り出して準備は終わり。牛乳や野菜ジュースを加えても、なんら手間ではありませんよね。

主食がパンの方は、冷蔵庫にハムやチーズが一緒に乗ったプレートを準備しておきましょう。パンが焼きあがったら、冷蔵庫からプレートを取り出して終わり。

いずれの場合も、プレートのおかずを全て食べる必要はありません。その朝に食べたい分だけ食べたら、あとはフタをして冷蔵庫に戻しましょう。

夕食の残り物をワンプレートにまとめておいても良いですね。とにかく頑張らないこと。これがポイントです。

朝食を時短するコツは前の日の夕食!

夕食と朝食は別々のイベントですが、その準備まで別々に分ける必要はありません。夕食を作る際に翌朝の朝食も視野に入れて準備しておけば、朝食がとても楽になります。朝食を楽にするレシピを2つご紹介します。

夜の味噌汁を朝のクリームスープへリメイク

夜に余分な味噌汁を作っておき、朝、クリームスープへリメイクしてしまいましょう。

<用意するもの>

・夜の余りの味噌汁…2杯分
・牛乳…50cc
・粉チーズ…大さじ1杯
・パセリ…少々

<作り方>

1.鍋に入った味噌汁に牛乳と粉チーズを混ぜてひと煮立ち。
2.器に移し、刻みパセリを振る。

洋風スープになるので、味噌汁の具にはジャガイモやキャベツ、ニンジンなど洋風にも合うものを使うのがコツです。

作り置きの下茹でホウレン草で洋風ソテー

ホウレン草を余分に茹でて作り置きしておくと、朝食時にとても便利。洋風ソテーなどはいかがでしょうか?

<用意するもの>

・下茹でホウレン草…100g
・スイートコーン…大さじ1杯
・ベーコン…2枚
・ブラックペッパー…少々
・油…適量

<作り方>

1.油をひいたフライパンでベーコンを炒める。
2.残りの材料を加えて、ふたたび軽く炒める。

ベーコンから塩気が染み出てきますが、お好みで塩を加えても良いでしょう。

  

よく読まれている人気のページ