宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > 家事の時短で生活に潤いを

家事は時短でもっと楽になる

このカテゴリでは、様々な家事の中でも特に時間がかかる「アイロンがけ」「掃除」「洗濯」「朝食」の4つについて、目からウロコの時短術をご紹介します。ご紹介する時短術を身につけることで、きっと余裕のある毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

時短で大切なのは時間制限をつくること

家事全般に共通する時短術は、効率良く家事をやるということ。家事の効率の良し悪しは、その日一日の生活の質を変えます。ひいては、1ヶ月、1年の生活の質すら変えてしまいます。効率良く家事をやるためのポイントは2つ。「作業の締切を決めること」と「複数の作業を同時進行させること」です。

心理学に「締切効果」という考え方があります。人は締切を設定されると、作業の効率が著しく上がるという学説です。これを家事に応用しましょう。皿洗いに●分、トイレ掃除に●分、お風呂掃除に●分…、といった具合に、家事のすべてにおいて締切を設定してしまうのです。

また、パックをしている最中に掃除機がけをしたり、夕食をとりながら翌日着る服を考えたりなど、複数のことを同時に行なうようにしたいところ。

これらのことを意識して家事を行なうようにすれば、やがて自然と時短につながっていくものです。

時短効果バツグン!アイロン編

アイロンがけは、意外に手間も時間もかかります。でも、「今は忙しいのでまた今度やろう」などと考えてしまうと、やがてアイロン台にはシワだらけのシャツの山。一番下にあるシャツは、一体いつ洗ったのかも分かりません。

そんな状況を作らないようにするためには、アイロンがけで手間も時間もかけないこと。言い換えれば、アイロンがけの時短テクを身につけることです。このページでは、時短を目指す人たちのためのアイロンがけのコツや、アイロンがけを楽にするための準備などについて解説します。

効率よくこなしたい!掃除編

数ある家事の中で、どうしても優先順位が低くなってしまうのが、掃除。なるほど、確かに1日や2日ばかり掃除をしなくても、料理などと違って、何か具体的な不都合が生じるわけではありません。

でも掃除は、家事の中では最も時短効果の高い項目。掃除で時短をすることで、他の家事に費やす時間がグッと増えることでしょう。このページでは、「キッチンまわり」「お風呂まわり」「トイレまわり」「リビング」の4パーツに分けて、それぞれ時短掃除のテクニックをご紹介します。

時短だから楽になる!洗濯編

洗濯とは、洗濯機を回してから洗濯物をタンスにしまうまでの工程の総称。時短を図るとすれば、この一連の工程の中でも「干す」「取り込む」「たたむ」の3つに焦点を絞りましょう。このページでは、この3つの焦点から洗濯の時短テクニックに迫ります。

また、洗濯の時短のためには「既存の考え方」を変える必要があるかも知れません。物干しにハンガーで吊るして干したその衣類、ハンガーにかけたままクローゼットに移動させて、何か不都合ですか?下着や靴下、まとめてボックスに放り投げておいて、何か不便でも?

毎日続けて時間を確保!朝食編

「朝食は食べたいけれども、なかなか時間がなくて食べられない」という方、多いですよね。出勤途中にコンビニに立ち寄って、朝食代わりに野菜ジュースを1本飲んでいる少なくないでしょう。

でも、朝食は一日の活力を生み出すベースとなるもの。体も頭も、朝食をとることでエンジンが始動する仕組みになっているのです。

このページでは、朝食の準備に時間をかけないための時短テクをご紹介します。朝、頑張ろうとするから、朝食というイベントが重たくなるのです。頑張らないで朝食を準備することがポイントです。

  

よく読まれている人気のページ