宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP » 初心者向け!クリーニング屋さんの宅配サービスガイド » クリーニングで付けられたビニールの対処法

クリーニングで付けられたビニールの対処法

クリーニング_ビニール

クリーニング後のビニールカバーは付けたままでいいの?

衣類をクリーニングに出すと、ほとんどの場合ビニールを被せて返却されます。その後、衣類を保管する際に、ビニールは付けたままでいいのでしょうか?被せたままにしていると、汚れやホコリを防いでくれそうですし、取ったらゴミになってかさばりそう。そんな理由からビニールカバーを外さずに、クローゼットや衣装ケースにしまう方もいます。

しかし、ビニールは取り外しておかないと大変なことになるのです。ここでは、クリーニング店で被せられるビニールカバーの取り扱いについて詳しく解説します。

ビニールを被せる理由

クリーニング店で服に被せてくれるビニールカバーは、あくまでも簡易的なもの。預かってキレイにクリーニングした服を、輸送や保管時に汚さないように被せられています。そのため、家に持ち帰った後のことは一切考えられておらず、長期的な保管アイテムとして使用するには不向きです。カバーをしたまま保管すると、衣類の変色やカビの発生などのトラブルが起こる原因になります。

ただし、有料オプションを利用して被せてもらった不織布や防虫効果の付いたビニールは別です。

ビニールを被せたままにしたときのメリット・デメリット

ビニールカバーを被せっぱなしにしていた場合のメリットは、何もありません。逆に、さまざまなデメリットが生じるでしょう。ここでは、ビニールを被せたままにしたときに起こるデメリットについて紹介します。

湿気がたまってカビが発生しやすくなる

クローゼットにハンガーで吊るすタイプの衣類の場合、カバーの下は覆われていないため湿気が入り込みやすくなっています。一方、カバーの上はハンガーが通るくらいの小さい穴しかなく、湿気がたまりやすい状態に。この状態のまま放置していると、衣類そのものが湿気を吸ってしまい、ビニールの内側に湿気がどんどんたまります。つまり、カビが生えやすい状態をつくり出してしまうのです。

服が変色しやすい

カバーをしていると、ビニール内の空気の循環が悪くなります。悪いままだと服の色素の分解が進み、裾まわりを中心にグラデーションのような変色が生じることに。保管が半年以上続く季節物は、とくに気をつけましょう。

服が黄ばみやすい

服にビニールを被せたままにしていると、空気に含まれるガスがビニールを劣化させます。すると、ビニールに含まれる成分が服にくっついてしまい、服が黄色く変色してしまうのです。

被せてから半年ほどで起こりうる変色トラブルですが、空気の循環具合や温度、湿度によってはさらに早まる可能性も。クリーニングに出しても元に戻せず、買い換える必要が出てくるので注意が必要です。

タイプ別で見つかる!オススメの宅配クリーニング店3選