宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > こんな人は宅配クリーニングへ > スーツ

スーツの宅配クリーニングでおすすめは?

大切なスーツを宅配クリーニングに出す際には、料金をはじめ、いくつかの比較項目をチェックしてから業者を選ぶようにしましょう。

宅配クリーニングサービスの選び方はこれ!

宅配クリーニングでスーツを出したときの料金

スーツを宅配クリーニングに出す場合には、以下の点を漏らさずチェックしてみてください。これらのうち1つでも欠けていたり、公式HPに明記されていなかったりした場合には、その業者を避けておいたほうが無難です。

  • 価格
    価格を明記しない業者はないと思いますが、問題は、他の業者と比べて安いかどうか。定期的に利用するうえでは大切な要素です。
  • 実店舗の有無
    実店舗を持つ宅配クリーニング業者は、一般に仕上がりの質が高いとされています。
  • 仕上がり期間
    宅配までの最短日数が明記されているかどうかを確認してください。
  • 保管の有無
    クリーニング後の他サービスがあるかどうか、あるとすればどのくらいの期間まで保管してくれるかを確認しておきましょう。

宅配クリーニングサービスのスーツ料金を比較!

スーツを宅配クリーニングに出す際の4つの基準「価格」「実店舗の有無」「仕上がり期間」「保管の有無」について、代表的な5つの業者を比較してみました。宅配クリーニング業者はどこも似たようなもの、ではありません。価格だけではなく、しっかりと他の項目も比較してみてください。

せんたく便

  • 価格…1,018円
  • 仕上がり期間…最短5日
  • 保管期間…最長9ヶ月
  • 実店舗の有無…あり

リネット

  • 価格…1,150円
  • 仕上がり期間…最短7日
  • 保管期間…最長8ヶ月
  • 実店舗の有無…なし

洗濯倉庫

  • 価格…1,440円
  • 仕上がり期間…最短2日
  • 保管期間…最長9ヶ月
  • 実店舗の有無…なし

クリラボ

  • 価格…2,180円
  • 仕上がり期間…最短5日
  • 保管期間…最長6ヶ月
  • 実店舗の有無…あり

白洋舎

  • 価格…1,800円
  • 仕上がり期間…明記なし
  • 保管期間…最長12ヶ月
  • 実店舗の有無…あり

こうして比較してみると、価格が安い業者は実店舗がなかったり、あるいはその逆だったりなど、すべての項目を同時に満たす業者を探すのが難しいと分かるでしょう。だからこそ、この4つの基準を同時に満たしている業者は優れた宅配クリーニングと判断して良いのです。

宅配クリーニングの比較にスーツを選ぶ理由

スーツは、男性にとっても女性にとっても、いわば戦闘服。仕上がりの品質にはこだわらなければなりません。併せて、他の衣類に比べてスーツはクリーニングに出される頻度も高いことから、ここでは宅配クリーニングの比較基準としてスーツを採用しています。

クリーニングに出す頻度はどのくらい?

スーツのクリーニング頻度

あくまで目安ですが、結論からお伝えするとスバリ!1シーズンに1回で十分です。多くのスーツは羊毛のウールで作られています。羊毛には油分が含まれていて、クリーニングに頻繁に出してしまうとスーツは汚れやすく、くたびれて見えることがあります。

食べ物やたばこの匂いがついてしまった際も、シリコン系の消臭スプレーを使用すると生地が傷みやすくなることも。そういう時はアイロンのスチームを当てましょう。スチームの蒸気が飛ぶ時に、汗の成分も飛ばすことができます。シワが付いてしまった時もスプレーを使用せず、霧吹きで十分に水を拭きかけて、風通しの良い場所で陰干しすれば元に戻りますよ。

ワイシャツのクリーニング頻度

忙しいビジネスマンに強い味方のクリーニング。ワイシャツをアイロンにかけるとなると時間もかかりますし、キレイに仕上げるのはちょっと苦手という方も。お店に出した方が早く、もちろんアイロンがけもしてくれるので手間も省けて安心ですよね。

そこで気になるのがクリーニングに出す頻度。ワイシャツを出すのに適した頻度は、やっぱり毎回出すのがベスト!ワイシャツは直接肌に触れることから、どうしても汗や襟汚れが付いてしまいます。身だしなみはとても大切なことですので、ワイシャツは1回着たら洗うようにしましょう。

安いお店、高いお店は何が違うの?

使用している洗剤が超高級!ということではありません。 では何が違うのか。それは1着にかける手間です。業者によっては仕上げ方法を選択することができ、その選択コースによって、料金が変わってきます。

具体的な違いは、「クリーニングの工程」にあります。 リーズナブルなチェーン店などは、クリーニング工場に運ばれていって、いっぺんにクリーニングを行います。大量に行うことで費用が削減され、安い価格設定で提供できるのです。

一方、少々値段の高いお店は、受付をした後そのまま処理するところがほとんどなので、時間をかけて丁寧にクリーニングしてくれます。もちろん、リーズナブルなチェーン店でもきちんと対応してくれる店舗が大半です。普段使いのワイシャツはチェーン店、特別な時しか着ないフォーマルな衣類は高価格なお店にするなど、用途によって使い分けると良いかもしれません。

  

よく読まれている人気のページ