宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP » 便利な宅配クリーニング活用方法 » シーツ

シーツも宅配クリーニングでOK?!

一部の宅配クリーニングでは、シーツも扱っています。ここでは、シーツのクリーニングの必要性や、宅配クリーニングを利用した場合の料金相場について見ていきます。

宅配クリーニングでシーツを出すといくら?

シーツ1枚あたりのクリーニング料金の目安を知るために、代表的な宅配クリーニング業者3社のクリーニング代を比較してみます。トータルコストの観点から、送料の有無も見逃さないようにしましょう。

※パックプランのみの業者の場合は、10点以下のパック料金を基準にシーツ1枚あたりの料金を算定しています。

※会社名をクリックすると公式HPへ移動します。

会社名 料金 送料
せんたく便 698円 無料
リネット 1,220円 1,800円(往復)
リビナス 864円 無料

せんたく便はパックプランのみの宅配クリーニング。シーツは1点として計算されますので、他の衣類と一緒にクリーニングを依頼することができます。送料は無料なので、大変お得な業者と言えるでしょう。

リネットは個別プランのみとなります。シーツ1枚の価格は標準的ですが、送料が別途1,800円かかります。

リナビスは、布団をクリーニングに出す前提でのオプションとしてシーツのクリーニングも受け付けています。送料は無料ですが、少々値段が高めに設定されているようです。

清潔なシーツを保ちたいならクリーニングに出そう

シーツを宅配クリーニングに出すと料金はいくら?

仮に睡眠時間が6時間だったとすると、私たちは1日のうちの1/4は布団の中で過ごしていることになります。その間、ずっとシーツは私たちの体に密着した状態。眠っている間でも、汗や皮脂はたくさん分泌されているため、見た目はキレイでも意外にシーツは汚れているものです。

一般に、シーツは10日前後で洗濯をするという家庭が多いようですが、10日間×6時間も体に密着した状態のシーツには相当な汚れが蓄積しています。より多くの頻度で洗濯をすべきでしょう。

さらに、想像したくはありませんがシーツには大量のダニが繁殖しています。ダニは自宅での洗濯で完全に除去できるものではありません。特にお子様や高齢者のいらっしゃるご家庭では、この点はしっかりと対策を考えたほうが良いでしょう。

クリーニングに出せばダニは100%死滅!

シーツに繁殖したダニは、家庭の洗濯機では完全に除去できません。しかしながら、クリーニング店であればダニを100%死滅させることができます。家庭での乾燥とは違い、クリーニング店では温熱乾燥を採用しているからです。東京都衛生研究所の調査では、ダニはもちろん、シーツに付着した黄色ブドウ球菌や大腸菌の死滅効果も高いことが判明しています。

ただ、シーツを定期的にクリーニングに出すのは忙しい現代人にとって少々面倒ではありませんか?そんな方には宅配サービスを利用することを強くおすすめします。宅配サービスなら、自宅に居ながらにして好きな時間に集配してくれるので時間も手間もかかりません。最近の宅配クリーニングは価格もリーズナブルなので、清潔な睡眠環境を作るためにぜひ活用したいものです。

宅配クリーニングにシーツを出すメリットとは?

家から出なくていいので時間がなくても大丈夫

宅配クリーニングは通常のクリーニングと違って、店舗に衣類を持って行く必要がありません。ネットや電話で申し込むと届く袋やキットに依頼したいものを入れ、宅配業者に集荷を依頼するだけで完了。

洗浄後も宅配で届けてくれるので家から出ずにシーツのクリーニングができます。

集荷や配送は希望日時が設定できるので、ちょっとした空き時間に依頼することも可能。仕事で忙しい人でも手軽に利用できるのです。

店舗に持って行く場合だと、「せっかく店舗に行くのにシーツ数枚だけじゃもったいない…」とためらって洗濯したいものを溜め込んでしまいがち。

集荷に来てくれる宅配クリーニングなら依頼点数を気にせず、クリーニングしたい衣類をすぐにお願いできます。

布団と一緒に依頼してお得に清潔感アップ

寝具を清潔に保つなら、布団とシーツどちらもクリーニングする必要があります。でも、かさばる布団にシーツも合わせて店舗に持って行くなんて、考えただけでも億劫ですよね?

宅配クリーニングなら、届いた袋に布団を入れるだけ。布団をクリーニングするついでにシーツも依頼すれば、まるで新品のように清潔な寝具で眠れます。

パック料金なら通常のクリーニングよりもリーズナブルに利用できるケースも多いので、シーツと布団を一緒に宅配クリーニングに依頼するメリットは多いと言えるでしょう。

それでも自宅でシーツを洗うなら

クリーニング店に出すメリットはお伝えしましたが、それでも自宅でシーツを洗いたいという人のためにシーツの洗い方をご紹介します。

白物シーツ

シーツの目立つ汚れは、寝汗・皮脂・血液などが原因として考えられます。白物シーツにこういった汚れが付着した場合、粉洗剤を使用すれば、しっかりと落とすことが可能です。また、漂白剤を使用することでより白く仕上げられます。用意するものと手順を以下にまとめました。

用意するもの

  • 粉洗剤
  • 酸素系漂白剤

手順

  1. 40度のお湯を洗濯槽へ貯めて粉洗剤を溶かします。
  2. 酸素系漂白剤を規定量投入し、シーツを入れて3分間攪拌(かくはん)させます。
  3. そのまま20分程度浸け置きしましょう。浸け置きするとファスナーやファスナーまわりの生地が傷むことがあります。洗濯機の上部に棒を設置し、ハンガーと洗濯バサミを利用してファスナー部分が浸からないように工夫してください。
  4. 浸け置きが終わったら、通常コースで洗濯して終了です。洗濯が終了したら干しましょう。

柄物シーツ

白物シーツと比べると汚れが目立ちにくい柄物シーツですが、目に見えない汗・皮脂を含めた汚れがついています。柄物シーツの場合は、洋服と同様に洗濯して問題ありません。

ただし注意して欲しいのは、お湯を使うと色落ちしやすくなることです。常温の水を使用して洗いましょう。

柄物シーツの血液ジミの落とし方

シミになかでも落としにくい血液ジミ。寝汗や皮脂などの汚れと比べると、圧倒的に頑固です。しかも、時間が経つにつれて落としにくくなります。

白物シーツなら漂白剤に浸け置きすればきれいにできますが、柄物シーツの場合は色落ちするため、浸け置きできません。柄物シーツに付着してしまった血液ジミの落とし方の手順をご紹介します。

用意するもの

  • 色柄物用酸素系漂白剤(液体タイプ)
  • 歯ブラシ
  • 常温の水
  • 固形石鹸

手順

  1. 洗い始める前に、固形石鹸と漂白剤を使って色落ちチェックを行ないます。綿棒やタオルに、固形石鹸と漂白剤をつけて目立たない部分をこすりましょう。色が移った場合、洗濯すると色落ちする可能性があるので、この方法は使えません。
  2. 色落ちしないことを確認したら、水で血液ジミをすすぎます。水の温度が高いと血液が固まってしまうので、必ず常温の水を使いましょう。
  3. 固形石鹸をシミの部分につけて歯ブラシで同じ方向にこすります。
  4. 血液ジミがまだ残っている場合は、酸素系漂白剤をつけて歯ブラシで同じ方向にこすってください。

この工程でほとんどの血液ジミは落とせるはずです。浸ける時間が長いとシーツの色が落ちてしまう可能性があるので、作業は素早く行ないましょう。

ワンポイントアドバイス

シーツの汚れを確実に落としたいのであれば、手間を惜しまずマメに洗ってあげましょう。週に1回程度であれば、生地もそこまで傷まないので心配ありません。

シーツを洗う際の注意点は?

シーツの洗濯は難しいものではありませんが、注意すべき点がいくつかあります。

シミが付いた素早く対処する

シーツに付着したシミは時間が経つほど落とすのが困難になります。できるだけ早く落とすことが大切なので、発見したら素早く対処してください。

柔軟材や洗濯のりは使ってもOKですが…

通常の洗濯物のように柔軟材や洗濯のりを使用しても問題ありません。ただし、吸水性が落ちてしまう可能性があります。寝ている間の汗を吸収してくれなくなるので、寝心地が悪くなってしまうことも。洗濯のりはアレルギーを引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

毎日のケアをすることが大切

定期的に洗濯することでシーツを清潔に保つことができますが、同じように毎日ケアすることも大切です。粘着シートのコロコロを使って、ホコリや髪の毛をこまめに掃除。ボックスタイプのシーツは隅にホコリが溜まりやすいので、歯ブラシで取り除いてあげます。

また、においが気になる場合でも消臭スプレーはなるべく控えましょう。かけすぎるとシミになってしまう可能性がありますし、においが発生している時点で雑菌が発生しています。消臭スプレーに頼るのではなくすぐに洗濯することが、においを消す近道です。

プロに任せれば仕上がりバッチリ

シーツを一つ洗うのにもコツがあります。しかし、これを自分でやるのは手間のかかる作業です。シーツを選択する時間が取れない、面倒な場合は、やはりクリーニングのプロに任せるのがおすすめです。気持ちの良い仕上りにしてくれるのはもちろん、洗濯をする手間や時間を気にせずに済みます。

タイプ別で見つかる!オススメの宅配クリーニング店3選