宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP > こんな人は宅配クリーニングへ

こんな人は宅配クリーニングへ

宅配クリーニングを利用すべき理由は、ただ単に「楽」だからというのみではありません。たとえば仕事などにより、通常のクリーニング店の営業時間と自分のライフサイクルとにズレがある人にとって、とても便利です。過疎化などが著しく、自宅の近くにクリーニング店がない人にとって重宝されるサービスですし、大家族などで毎日の洗濯物の量が多い方にとっても、効率的に活用できます。

また、そのサービス内容はクリーニングだけにとどまらず、収納場所に困っている場合には、次に着用するときまでそのまま保管してもらうことも可能となっています。ご自身の生活スタイルを振り返ってみることで、宅配クリーニングの意外なメリットを発見できるかも知れませんよ。

時間が合わない人

今や日本は24時間、働き続ける国です。朝から深夜まで仕事をしている方もいれば、世界を相手にする企業であれば夜~朝がメインの生活時間となっている方も少なくはありません。そんな方々にとって、クリーニングの営業時間は非常にネックとなります。結婚していればまだしも、単身者の場合はそのような生活サイクルをクリーニング店の営業時間に合わせるわけにもいきませんし、深夜営業のクリーニング店が近所にあるとも限りません。

このように「時間が合わない」「クリーニングに行く時間がない」という方におすすめなのが、宅配クリーニングなのです。多くの業者が、24時間・メール1本で注文を受付けています。集荷も配達も、早朝から深夜まで対応しているため、それぞれの都合に合わせた時間を指定することもできるのです。また、配達するのは宅急便業者であることが多いため、指定すれば勤務先にだって集荷・配達をお願いすることも可能です。

クリーニング店の営業時間と自分のライフサイクルとがなかなか一致しない方は、ぜひ宅配クリーニングを利用してみてください。

近くにクリーニング店がない

クリーニング店は全国各地にあり、コンビニをも越える店舗数をほこります。しかし、それでも近所にクリーニング店がないという声は絶えません。これは、都心部や駅周辺にクリーニング店が集中し、人口の少ない地域に積極的に店舗展開できないことを要因としています。過疎化の進む地域では、昔からあった唯一のクリーニング店も閉店に追い込まれた、などという話も聞きます。

こうした現実は、その地域に住み続ける人がいる限り、深刻な問題です。近所で手軽にクリーニングに出すのをあきらめ、遠方までバスや電車を乗り継いで、1日がかりでクリーニング店まで届けなければならないといった事態を招くことになります。こういった状況にある多くの方にとっても、宅配クリーニングは便利なサービスだといえるのです。

衣類の集荷はメール1本、電話1本で可能。業者が自宅まで来てくれますし、配達も都合の良い日時を指定することができます。こんな便利なシステムだと、クリーニング店がないような地域だと料金が高いのでは?と思うかも知れませんが、お住まいの場所によってクリーニング料金が変わることはありません。一部地域にかかる送料を除いて、全国一律の料金となっています。

もちろん、今まで利用していたクリーニング店と、なんら品質は変わりません。最新の機器でしっかりと洗い上げます。近所にクリーニング店がなくてお困りの方。ぜひ宅配クリーニングを活用してみてはいかがですか。

量が多くて大変

少子化が問題となっている昨今ではありますが、世の中を探してみれば大家族もまだまだ存在します。3、4世帯が同居している場合などは、10人近くの大世帯というケースも少なくはありません。

こういったご家庭で何よりも大変なのが洗濯物。一日に、いったい何度洗濯をすればよいのでしょうか?洗濯機を2回、3回と回しているうちに、やがて昼を過ぎてしまいます。さらに洗濯という作業は洗濯機を回すだけではありません。干す・アイロンをかける・たたむ・しまうといった一連の動作を省くわけにはいきません。雨が続けば、洗濯する量も2倍、3倍と増えるわけですから、収集が付きません…。

大量の洗濯物も専用の回収ボックスに詰めておけば、宅配クリーニング業者が集荷。仕上がった衣類は、指定日時に自宅まで配達してくれます。大量パックプランを利用すればするほど、クリーニング代は格安に済みます。天候の影響に左右されることもなく、大型洗濯機の購入費用や水道代などと比較しても、その実質的な出費は微々たるものとなるかもしれません。

宅配クリーニングを利用することで、洗濯から解放されて生まれた時間を、自分のための有効な時間として使ってみませんか。

クリーニング後の衣類を保管しておく場所がない

冬が終われば、多くの人は冬物の衣類をクリーニングに出しますよね。冬の数ヶ月間の汚れが落ち、きれいになって自宅に帰ってくるのはとてもうれしいのですが、それら衣類がふたたび使われるのは、また次の冬。

冬物衣類といえばコートなどの上着類、セーターやマフラーなど、かさばるものが中心。次の冬がくるまでは、自宅のクローゼットの相当部分を占拠する形となります。それだけならまだしも、保管方法を誤ればカビや虫食いの被害などに襲われることも…。

そんなときにぜひ利用したいのが、宅配クリーニングの保管サービス。業者によっては有料であったり、行っていない場合もありますが、なかには無料サービスの一環として行っている業者もあります。クリーニングを終えた大切な衣類を、次シーズンが来るまで保管してくれるのみならず、衣類のプロによる湿度・温度調整下での保管となるので、傷みの心配もありません。

家庭によっては、シーズンオフの使用しない衣類でクローゼットの半分以上が占拠されている場合もあります。それらをすべて別の場所で保管することで、クローゼットはかなり広くなり、部屋や家全体のスペース確保にもつながります。メリットばかりの保管サービス。宅配クリーニングを利用するとき、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  

よく読まれている人気のページ