宅配クリーニング白書
便利で格安!宅配クリーニング活用法

メール一本で頼めるサービスで洗濯の苦労を軽減

宅配クリーニング白書TOP » 運営者情報&業界ニュース » 2019.01.17:ユニクロのダウンジャケットってクリーニングできない?

ユニクロのダウンジャケットってクリーニングできないの?

ニュースの概要

寒い季節になると、ダウンジャケットを着る人が多くなります。着心地もよくホカホカ温かいダウンジャケットですが、「ダウンジャケットがクリーニングできない」といった声がネットからあがっています。これは一体どういうことなのでしょうか。特に強く声をあげているのは、クリーニング業界に携わっている人たちです。本当にダウンジャケットはクリーニングができないのでしょうか。

本当に「ダウンジャケットはクリーニング不可」なのか?

東京都クリーニング生活衛生同業組合の見解では、ユニクロのシームレスダウンなどのダウンジャケットはクリーニングに出せるとのこと。ダウンジャケットは縫い目部分に樹皮による圧着加工を施し、限りなく縫い目を減らしているのが特徴です。

しかし、製品の生地に使われているポリウレタンの寿命は早くて3年間と耐久性がありません。どんなに丁寧に扱ったとしても生地に寿命がきてしまえば、自然と圧着部分が剥がれていきます。圧着部分の剥がれは製品の特性であり、原因はクリーニングではないのです。

噂の原因とは一体…

なぜ「ダウンジャケットはクリーニングに出せない」といった噂が流れてしまったのでしょうか。これは、クリーニングする側のダウンジャケットの扱いが難しいためです。ダウンジャケットをクリーニングする際、素材の寿命が過ぎていると、ダウン外側の生地を元に戻す事ができません。

そのため型崩れの苦情が多く寄せられているとのこと。苦情を回避するために、一部で「クリーニングに出せない」といった情報が出回っているようです。

ダウンジャケットのお手入れ方法

クリーニング店がダウンの状態を見定めた上で、クリーニングをオススメしないケースがあります。その場合、自宅で手入れしましょう。

洗うタイミングの目安は、ダウンジャケットの匂いが気になりだした頃です。自宅では刺激の少ない手洗いが基本。洗う前には洗濯表示を必ず確認し、手入れ可能な生地かを確かめましょう。「水洗い不可」マーク付きのダウンジャケットだった場合、デリケートですので手洗いはできません。プロのクリーニング業者に出しましょう。

水洗いのできるダウンジャケットは、スポンジなどを使用し汚れが気になる部分を洗います。次にジャケットを手で軽くゆすぎ、全体の汚れを落としましょう。最後に脱水ですが、洗濯機を使用すると生地が傷む可能性がありますので自然乾燥をオススメします。直射日光を避け、なるべく風通しの良い場所を選びましょう。また時々ジャケットをほぐしながら乾かしていくと、乾燥後の形が綺麗に仕上がります。

自宅でのお手入れがいいの?クリーニングがいいの?

結論として、ダウンジャケットはクリーニングに出せます

自宅で洗うメリットとして、ジャケットの状態や洗い方に気を付ける必要がありますが、クリーニングから戻ってきた衣類に剥がれが起きててがっかり…という事態は避けられます。一方、手洗いはあくまで皮脂汚れや汗の汚れを落とすだけなので、きちんと汚れを落としたい方にはあまり向きません。

剥がれが起きるかは自己責任になりますが、クリーニングは、防虫・防ダニ加工や花粉防止加工を施せます。手入れ方法は、手洗いとクリーニングのメリット・デメリットを把握した上で手入れするとよいでしょう。

ダウンもお任せ!
宅配クリーニング業者の料金比較一覧

タイプ別で見つかる!オススメの宅配クリーニング店3選